2015/12/28(Mon)WINAMPにStereo ToolというDSPプラグインを入れたら、音楽を聴くのが楽しくなる。

はてブ数 2015/12/28 2:50 計算機な日記::ボクと計算機 つーさ

作業用BGMを自分好みにEQかけて聴きたい。
マスタリングエンジニアの人には失礼な話だと思いながら。
(2016.01.18 ちょっと更新した)

いれたもの

Winamp → いつものプレーヤー。
in_!mpg123 → MP3デコーダプラグイン。32bit int PCM/64bit float PCMとかが出る。今回は32bit intで出す。
Stereo Tool → WINAMPのDSPプラグイン。マルチプレッサ他いろいろついてる。
Yet Another (WA)SAPI Output Plugin for Winamp (YASAPI) → WASAPIで、カーネルミキサーを通さず音が出せる。

Stereo Toolの設定ファイル(いじった)

テンション上がる感じのStereo Tool用の設定ファイル ※ダウンロードにならない場合は右クリックして保存
Stereo Toolの設定画面で、LOAD → ALL AUDIO SETTINGS → tu3.sts を読み込むと反映します。

個人の再生環境とか、むしろ好き嫌いがかなり大きい世界なので万人向けではないけど、
かなりドンシャリでプリエンファシスなテンションあがる感じにはなったかな。
プリセットの Bojcha - Enlightened をベースに、低音と中音と高音をいじった。(?)
あんまりコンプレッサーとかよくわかってないけど。

画は設定いじってる途中


本文

今までは普通に、MU2000のA/D Inputを、ただのPC用イコライザーとして使ってたのですが、
ノートPCにさすがにMU2000つないであっちこっち行くのはめんどくさくて、
WMPのイコライザーをオンにしてたんですが、PREAMPがないので、
上げる方向にだけ調整すると音が歪んじゃうんですよね。

んじゃ、PREAMPついてるEQついてるプレーヤー使えばいいじゃないと、
ノートPCにもWINAMPを入れたわけですが、WMPのEQに耳が慣れてしまうと、
なんかWINAMPのEQは音籠ったみたいになっちゃうんですよね。なんでかな。

で、そこはWINAMPなんで、プラグインとかきっとあるよなーと思って検索してたら、
Stereo Toolというのを見つけた。一部有料だけど、ほとんどの機能が無料でつかえる! 

有料機能使っても、DeClipper以外は12時間ごとに、デモ音声が流れるだけなので特に個人使用では気にしない!。

グライコもついてるんだけど、
それよりその後段のマルチプレッサー(マルチバンドのコンプレッサー)がついてるので、
これをいじることで、かなり自分の好きに音を変えられます。

プリセットがいくつかあるので、自分の好みに合ったプリセットが見つかればそれを。
さらにそれをベースにして、設定を作れば……1日まるまるなくなるくらい遊べてしまいます。
せっていできた

きっかけは作業用BGMの再生環境をなんとかしたいところからだったものの、
せっかくなので、入力を 音がいいらしい mpg123にして、出力をWASAPIにしてみたりしてたら
……週末が終わってしまいました。Oh My Weekend.

OK キャンセル 確認 その他