2017/06/26(Mon)メインPCのRAID0化

はてブ数 2017/06/26 6:31 つーさ
NASのディスクを4TBx2に入れ替えた。ので、それまでNASで使ってた 2TB が2つ余った。

デスクトップに組み込んで、もともと使ってた2TBと合わせて、Windowsのストライプボリュームにしてみた。
20170626_042434.png
20170626_050438.png

続きを読む

*1 : BSOD無限ループになったが、1回セーフモードで起動したら直った

2017/06/26(Mon)NASのディスク入れ替え

はてブ数 2017/06/26 5:03 計算機な日記::ボクと計算機 つーさ
NASの2TBが手狭になってきたので、4TBのディスクに入れ替えることにした。

あのことがあってから、しばらくSeagateのHDDは買ってなかったけど、
ばらくーだは他のメーカのHDDより動作音が静かで好きだったのをふと思い出して、
ひさしぶりにSeageteのHDDに手を出してみる。
巷では故障率高いと話題だが、果たして……。

ばらくーだ 4TBx2。

NASのディスクの入れ替え手順はよくわかんなかったが、
シングル2本で認識させてると、こんな感じ(下記はすでに入れ替え済み)なので、
$ df
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs                 33M   18M   16M  54% /
/dev/root              33M   18M   16M  54% /
tmpfs                  64M  348K   64M   1% /tmp
/dev/sda4             371M  345M   27M  93% /mnt/ext
/dev/md9              510M  152M  358M  30% /mnt/HDA_ROOT
/dev/sda3             3.5T  1.9T  1.6T  54% /share/HDA_DATA
/dev/sdb3             3.7T  572G  3.1T  16% /share/HDB_DATA
tmpfs                 1.0M     0  1.0M   0% /mnt/rf/nd
tmpfs                 8.0M     0  8.0M   0% /var/syslog_maildir
tmpfs                  16M   40K   16M   1% /share/HDA_DATA/.samba/lock/msg.lock
tmpfs                  16M     0   16M   0% /mnt/ext/opt/samba/private/msg.sock

$ cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1] [linear] [raid0] [raid6] [raid5] [raid4]
md2 : active raid1 sdb2[2] sda2[0]
                 530128 blocks super 1.0 [2/2] [UU]

md13 : active raid1 sdb4[0] sda4[1]
                 458880 blocks [2/2] [UU]
                 bitmap: 0/57 pages [0KB], 4KB chunk

md9 : active raid1 sdb1[0] sda1[1]
                 530048 blocks [2/2] [UU]
                 bitmap: 0/65 pages [0KB], 4KB chunk

unused devices: <none>

HDD2のディスクを2TBから4TBに入れ替えて
rsync -avH --delete --numeric-ids /share/HDA_DATA/ /share/HDB_DATA/
して、HDD2の4TBをHDD1に、空の4TBをHDD2に刺して、と試してみたところすんなり起動した。

ディスク容量も増え、動作音が静かになって、よい。壊れた時はまぁその時。

ここ一月ばかり、まただんだんHDDが安くなってきている。
が、ディスクを買ったのは安くなりはじめる前で、それだけは鬱。

引っこ抜いた2本の2TBはデスクトップPCに入れてRAIDでも組んでみようかな。

2017/05/22(Mon)BINDで独自ドメインをLAN内から解決できるようにした。

はてブ数 2017/05/22 2:17 つーさ
成功メモ。
今日は自宅サーバにBINDを入れて、家のLAN内からでも http://tu3.jp/ でサイトを開けるようにしていた。
tu3.jpのネームサーバはバリュードメインのを使っているので、普通にDNS引くと、
ルータのWAN側IPに解決されてしまい、LAN内からはつながらなかった。

デスクトップPCにはhosts書いて対応してたけど、LANとLTEを行き来するノーパソやらスマホではこの方法は不便だ。
LAN内で通用するホスト名での通信ではVirtualHostが死んでしまう。

つい最近、デスクトップPCのドライブ構成を見直してOS再インストールしたのだけどhostsはまだ書いてなかったの気づいた。
ので、いつもどおり書くか、いやまてよ。

せっかくの機会だから、DNSでも立ててみるかー。

続きを読む

2017/03/29(Wed)Cygwinのmingwでfdk-aacとx265が使える64bit版ffmpegをビルドする

はてブ数 2017/03/29 3:27 つーさ
Cygwinを入れてるからMSYSは入れたくないけど、Cygwinに依存しないバイナリを作りたい。
自分のための成功メモ。

Cygwin上でmingw32を使うときは、

mingw64-x86_64-ほにゃらら (x64向けクロスコンパイラ)
mingw64-i686-ほにゃらら (x86向けクロスコンパイラ)
シリーズのパッケージを入れて、クロスコンパイルの要領でやる。

また、 Cygwin上でmingwを使うときは、libtoolがたたくcmd //cが動かないので、
libtoolを採用しているライブラリのビルド時は configureの後、makeの前に、
sed -i libtool -e 's@cmd //c@cmd /c@g'
してあげるとよい。

続きを読む

2016/12/30(Fri)Google C++ Style Guide 日本語全訳

はてブ数 2016/12/30 18:52 計算機な日記::ボクと計算機 つーさ
Google C++ Style Guide 日本語全訳 (GitHubリポジトリ)
字が小さいと思ったらブラウザのズームを使うと読みやすいかも。

きっかけは、
GoogleがGitHubで公開している版 (HTML)を、自分で読むついでに、英語を読むのがしんどい人のために日本語に訳してみた。

ついでにという気持ちで始めたけど、翻訳って思ってたよりめっちゃ大変だった。
最近機能をバリバリ使ってイケイケにコーディングしているんだろうなぁとか
勝手なイメージをもっていたので、それよりもかなり保守的って印象を受けた。

その精神は
「コードは読む人のために書く」
「読む人のリズムを崩さないために周りのコードとの一貫性を保て」
「平均的な読者が知らないかもしれない機能は使うな」
って感じ。

命名規則とかだけでなく改行の入れ方とかスペースの置き方とかを定めていて、
そのフォーマットのためのemacsスクリプトが配布されてて、守りやすくなってるのはいいなぁと思った。

2016/11/16(Wed)OpenSSLとOpenSSHのバージョンアップメモ

はてブ数 2016/11/16 7:40 計算機な日記::ボクと計算機 つーさ

家のNASのOpenSSLとOpenSSHのバージョンを上げた。
2017.04.20 - 1.0.2k に更新

$ tar xf openssl-1.0.2k.tar.gz
$ cd openssl-1.0.2k
$ ./config --prefix=/opt/local/openssl/1.0.2k --openssldir=/etc/ssl zlib -fPIC enable-tlsext shared
$ make -j
$ make install
$ cd /opt/local/openssl/
$ rm *
$ ln -s 1.0.2k/* .
$ tar xf openssh-7.3p1.tar.gz
$ cd openssh-7.3p1
$ ./configure --prefix=/opt/local/openssh/7.3p1 \
  --with-tcp-wrappers --with-md5-passwords \
  --sysconfdir=/etc/config/ssh \
  --with-zlib=/opt/local/zlib --with-ssl-dir=/opt/local/openssl \
  --without-stackprotect
$ make -j
$ make install
$ cd /opt/local/openssh/
$ rm *
$ ln -s 7.3p1/* .

最初 OpenSSHのconfigureで、 configure: error: OpenSSL version header not found. とか言われて、
config.log を見ると、 ./conftest がSegmentation fault ってた。
「……?」と思いながらも、 --without-openssl で試すと、今度は sizeof(short int) を調べようとしてセグフォ。
そんな馬鹿なと思って、自前で conftest 作ってオプションを色々試してたところ、
gcc に -fstack-protector-all と -fPIEをセットで渡すと int main() { return 0; } ですらセグフォで死ぬことがわかって、
--without-stackprotectをつけたら行けた。

gcc のバージョンもあげたら直るのかな……。
その前にNASを脱却して適当なPCにして適当なLinuxディストリ入れた方がいいよなーと思うのであった。

2016/11/12(Sat)https対応

はてブ数 2016/11/12 2:29 サイト運営::未分類 つーさ

1つ暗号化して通信したいサイトを作りたくなったのでSSL対応することにした。
Let's Encrypt を使うと存外簡単にできた。

認証はWindowsのクライアントから、この辺参考にしてやった。
http://calkinos.hatenablog.com/entry/2015/12/05/170829

NAS上のapacheのdocument rootをSAMBA共有しているので、
Manualにして、そこにダイレクトに書き出したら証明書が発行された。

httpd.confへの設定は手でやらねばならぬ。

https://tu3.jp/

コンテンツはいっしょです。

発行される証明書は3ヶ月?
上のWindowsクライアントの場合、タスクスケジューラに証明書更新のタスクが組まれるっぽいのだけど、
そのままだと、結局発行された証明書をapacheに設定してあげないとダメなので、忘れずに手でメンテしないと。。

2016/10/30(Sun)Cygwin上のmingw32でfdk-aacをビルドしようとすると止まる

はてブ数 2016/10/30 7:21 計算機な日記::ボクと計算機 つーさ

Cygwin入れてるのにわざわざmingwを別で入れるのはなあ。
Cygwin上でMinGWのgcc使えるはずだし、それでビルドできるんじゃないの。

tu-sa@t8 ~/fdk-aac-0.1.4
$ ./configure --build=i686-w64-mingw32 --host=i686-w64-mingw32 --prefix=/usr/local/fdkaac-mingw

tu-sa@t8 ~/fdk-aac-0.1.4
$ make -j

  GEN    libfdk-aac.la

で止まる。

CPU使用率も下がるし、ディスクアクセスもないし、何かを待ってる?
Makefileやら./libtool やら眺めると以下の行がマズいっぽい。

 func_convert_core_msys_to_w32_result=`( cmd //c echo "$1" ) 2>/dev/null |

cmd //c が上手く動かず、cmdが普通に起動して入力待ちになってしまうので、 cmd /c に直す。

tu-sa@t8 ~/fdk-aac-0.1.4
$ sed -i libtool -e 'sZcmd //cZcmd /cZg'

tu-sa@t8 ~/fdk-aac-0.1.4
$ make
  GEN    libfdk-aac.la
copying selected object files to avoid basename conflicts...

make できた。

どうもmsysでは、/c は c:\ に置換されるのがデフォで、//cでそれをエスケープして単に「/c」の意味になる*1
cmd /c に書き換えたものは、mingw+msysの環境では、同じように止まってしまって動かないんだろな。。

*1 : Cygwinだとそのまま「//c」

OK キャンセル 確認 その他