2011/10/28(Fri)劇場版 とある飛空士への追憶

はてブ数 2011/10/29 9:54 レビュー::アニメ つーさ

ちょっと前に、映画館行って見てきたのでした。

オフィシャルサイト → http://hikuushi-tsuioku.com/

割と忠実な、原作の映像化作品って感じ
いや、キャラのデザイン思いっきり変わってるんだけどもまぁこれはこれであり。
良かった! 「いい話だなぁ(涙」って感じに、原作の読後感と近いものを味わうことができた。
が、映像化されることでいいことがあったかって言われるとうーんってなってしまう。
まぁ、原作ありきで見に行ったのでだいぶ点は辛めになるんだけども
評価としては「良かったは良かったけどフツウ」ってところかも。

余すところなく話の良さが表現できているかというとそうでもなかった。
若干スキップされてるシーンもあったりというのはともかくとして、
心理描写が不十分な感じ。原作読んでから見た方が2倍は楽しめると思う。
原作読まずに劇場版見た人は原作読んでからもっかい劇場版見に行くのをおすすめ。

んまぁ、ケチをつけるとすれば、ファナの声優さんがもうちょっと演技力あったらなぁと。
誰がいいって言うわけじゃないんだけどちょっと滑舌悪かった。
原作はクライマックスのシーンも、その内容も現実あり得るかっていうとあり得ない展開なのだけど、
でも、お話の中なのでそこはそれ。かなり硬い文章で書いてあるその部分を表現しきれてなかった感がある。
もっとキャラクターを演じ分けられる人にやってほしかったなぁというのが。

あと、せっかく映像化するんだからドッグファイトもっとドッグファイトにしてほしかった(謎
なのはの劇場版の方がよかったぐらいだ(ぇ

うん、やっぱり「良かったは良かったけどフツウ」ってところかも。

2011/10/28(Fri)狼と香辛料

はてブ数 2011/10/29 9:54 レビュー::ラノベ つーさ

先週は火曜日に、1巻2巻を人に借りて読みどっぷりハマってしまい、
待ってれば貸してあげると言われつつも待てずに自分で買っての
それからほぼ1日1冊ペースで読んでいます。

今日は13巻を読み終えました。

asin:4840233020asin:4840234515asin:4840235880asin:4840237239
とりあえず4冊並べてみた(何)

行商人ロレンスと賢狼ホロがお金を儲けながらホロの故郷を目指して?旅をしていくお話。
旅の途中では事件に巻き込まれたり、情報を見つけるために危ない橋も渡ってみたり。
商いをする人間同士の交渉、腹の探り合い。思考と言葉、相手の反応と判断で儲けるか損をするかが分かれる。
大きな事件にも巻き込まれるのですが何とか挽回して儲けにつなげようとする思考を追いかけるのは、
知的好奇心をくすぐられる感じがして非常に楽しいです。ただ、時々難しすぎてついて行けないですが(笑

また、高校生ぐらいの主人公が多いラノベの世界では、主人公ロレンスは25歳という設定はなかなか珍しいように思います。
一緒に旅をするホロも齢何百歳という狼なので、二人ともしっかりと人物背景ができあがっている年齢設定。
軽口を飛ばし合う二人でも、その水面下では互いに相手の心の内を読んで会話の主導権を握ろうとしていたり
時と場所を変えてどちらかが落ち込めば、それぞれの考え方や気の回し方に沿って相手を慮*1ったり。
とにかく会話という会話が非常に丁寧に小気味よく描かれています。
互いの信頼も厚く(?)、いざという時には、互いに頭が回るからこそ合わせられる阿吽の呼吸。
こういうのは、高校生が主人公のボーイミーツガールではなかなか味わえないもので、
それはすなわち、大人のやり取りとでも言うのでしょうか……。
分別があって、物わかりが早くて、言葉の歯切れも良くて、そんな会話の相手がいて旅が楽しくないはずがない。
ちなみに、7巻とか11巻の短編は激甘ですがこれはこれでまたいいなぁとかなんとか。

物語に出てくる表現の幅が非常に多彩で、
出会った商人の雰囲気から二人の気持ちの揺れ動きまで繊細に描かれています。
この世にはこんなにたくさんの言葉があったんだ、こんな表現ができるものかと驚いたり。
物語の面白さを支えているのは、何より筆者のこの語彙力ではないかとか思います。

ファンタジーで旅でコミュニケーションを楽しむ。
私の求めていた世界がそこにはありました。辛口のホロには完全降伏です。
……ロレンスも時々かっこいいです。

と、まとまりもなくだらだら書いてしまいました。
あと4冊なので、来週中には読み終えてしまうのでしょう。
ああ。どんな結末を迎えるのか。楽しみです。

*1 : おもんばか

2011/10/08(Sat)Google Code Jam Japan 2011 決勝参加記録

はてブ数 2011/10/08 16:44 計算機な日記::プロコン つーさ

先週に引き続き、今度は決勝。
決勝なので問題は難しいだろう。
4問くらい出て2問も解ければいい方かとは思ってたけど、5問出て1問しか解けなかった。

問題むず過ぎだ!

1完で264位。ちなみに、112位から355位が15点の1完で、上位200位までのTシャツ争奪戦はAの早解きレースでした。
……ああん、Tシャツほしかったよ。とはいえ、Aの早解きだけでTシャツもらってもたぶんうれしくなかったと思うけど。

最初題意を勘違い。Kの中から任意本使って最大面積のアンテナ作るもんだと思ってた。そこで15分。え、Aのくせにむず過ぎね? と思ってたら、実は並べ替えだけだった。

即座に「また貪欲か!」という声がどこかで聞こえたが、それでいいかどうかわからなかったのと、「たぶん、2問くらいは解けるだろ、そしてTシャツゲットだろ」と思ってたので、のんびりやろう。と、ひとまずAをおいといて、BとかCとかDの問題読んでた。そして、B簡単そう? とか言って書いてみるも通らず。

わぁい、どうしよう!

Aも通らなかったら怖いからとりあえずsmallだけ通しちゃおう。れっつ全探! で、あっさり通した後に、最初の方針に則ってコード書く。smallで「正解!」になったテストケースをいくつか試してみて、大丈夫そうだったので largeも提出。

結果として、それが僕の出した最後のACだった……。

この時点では入賞圏外。もう一個何かしら通さなきゃTシャツもらえないのか……。ううん、がんばろう。Bへ。

それからコンテスト終了までの2時間弱、腰を落ち着けて「できるできるたぶんできるああBigInt用意しておけばよかったでもたぶんつかわなくてもできるできるきっとできるはずだ(落ち着いてない)」と思って、Bを考えたができませんでした。

おわり!

また来年!

なんだこれ!

ちくしょう。


(10/08 17:00) 追記。

Bの解説セッションを見た。
Bの方針というかアルゴリズム合ってた。
smallが不正解で「この考え方でだめなケースがあるんのかぁ、くやしいっ」と思ってたけど、そうじゃなくてコードがバグってるらしい……。
ぐぬぬ。また書き直してみよう。orz

2011/10/02(Sun)Google Code Jam Japan 2011 予選 参加記録

はてブ数 2011/10/02 11:49 計算機な日記::プロコン つーさ

Google Code Jam 初参加。
10月1日土曜日は13時から19時と。
てっきり6時間張り付いてなきゃいけないのかと思ってたのですが、
実はそうじゃないことは開始直前になって知りました。
ルール把握してから参加しろって感じですね!

問題はこちらから
順位表はこちらから
たまのブログは参加記録でも。

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他