2013/12/01(Sun)ぼくんちのNASで動いているValue Domain DDNS Updator

「つーさのくーかん」は、ぼくんちのNAS上で動いてるのですが、
プロバイダを変えてからちょこちょこIPアドレスが変わるようになり、
GoogleのWebmasterツールから、サイトにアクセスできない!と怒られては、
手動でDNSレコードを更新していたりということをやっていたのですが、
最近この作業にうんざりしてきていたので、
ようやくValue DomainのDDNSを更新するためのプログラムを作ることにしました。

DNS更新には、自分のグローバルIPが要るのですが、これをどっから取ってくるか。
手っ取り早くどっか外部サイトのサービスを呼ぶ手もあるにはありますが、
やっぱ自宅鯖してるくらいだからその辺は閉じていたいとも思いまして、
UPnPでルータに問い合わせることにしようと思いました。

予てから、UPnPを使って自分のグローバルIPアドレスを得るC#プログラムを公開してましたが*1
こいつは、Windowsなupnp.dllを使ってる関係で、Linuxでは動かなかったので、
NASが定期的に自分のIPを確認してDDNSに登録することはできなかった。

LinuxでUPnPと言われても門外漢で、
ちょっと調べるとgupnp-toolsとかいうのもあるらしいのですが、
Xなしで動くのかどうかよくわからなかったので、
まぁ、自分で書くことにしました。

https://gist.github.com/ttsuki/7723258

書きました。

VSでexeをビルドして、NASへコピーしました。

nohup mono ValueDomainDDNSUpdator.exe > vdddnsu.log 2>&1 &
echo kill $! > kill-vdddnsu.sh

動きました。

これからは安定して、サイトにアクセスできるようになると思います。

UPnPは、最初にUDP multicastでネットワーク上にいるデバイスを探すのですが、
今回はルータのIPが既知、かつ、変化しないので、その辺はすっ飛ばしました。
って、考えたらコントロールURLも変わらないはずだし、もっと楽できたなぁ……。
反省です。

おわりです。

OK キャンセル 確認 その他